フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

フィリピンの結婚式


フィリピン人は結婚するの早いですからね。 25超えてて独身の女の子が入れば正直子供がいるのを疑ったほうがいいです!!!!! 僕の友達いわく乳首を見れば子持ちかどうかはわかるらしいです。

さて今回のお話は僕がお世話になったCIAの先生の結婚式にお呼ばれした時のお話です。

フィリピンでは式は嫁さんのホームタウンで挙げるのポピュラーなようです。 ということで僕も初めてセブを離れて「オルモック」という島に行ってきました。

今回の旅は船の予約から泊まる場所だったりを、ほぼフィリピン人の友人に任せました。

さて。。ここで注意が必要です!!!!!!!!!

「フィリピン人に丸投げすると大変なことになる!!!」

まぁ僕はフィリピン人と働いているのでよく感じるんですが。。。。 なんといいますか。。彼らはあまり計画性ってものがないんですよね。そして色々とツメがあまいといいますか。。 フィリピン人企画で何かする時は、とにかくちゃんと確認することが大切です!!

「これでいいのか?」「この時間でほんとに大丈夫なのか?」

としつこいくらい確認しましょう。

今回はほとんど丸投げしてしまったので色々とトラブル続きの愉快な旅になりました。

集合時間に船着き場に到着。

一緒に行く日本人のケイさんとその他のCIAの先生達数人と合流。 僕もケイさんも完全に受け身な状態です。

船出発5分前。 僕の分の船のチケットがないことが発覚。 ダッシュで買いにいってなんとか間に合う。(うすうすこうなると思っていたんですよ)

船はこんな感じです。 1人りに1つベッドがついています。

船 フィリピン

いやぁ。。船は暑いし、、揺れるし寝心地悪いしで繊細な僕は一睡もできませんでした。

ちなみにケイさんは搭乗10分で夢の中に。。。羨ましい。

けいさん熟睡

この時悟りましたね。 僕には世界一周みたいなタフな旅は無理だと!!!!

船旅約8時間。。。。 想像以上に過酷でしたね。

実はオルモックに行くには、8時間で400ペソくらいのこの船と、2時間で800ペソくらいの高速船があります。

帰りは絶対2時間の船で帰ることを僕はこの時誓いました。

さてオルモックについたのは深夜の3時くらい。

「これからホテル移動するんでしょ?」

「いや。。。ホテル予約してないし、このまま船で式の時間(2PM)までここで寝よう」

「うそ!!!!!」

フィリピン人に任せるとこうなります。

そんな疲労困憊な僕とケイさんを助けてくれたのは船長でした。

「いや。おまえら早く降りろ」

当たり前ですね。

ということで深夜に何もない港町にほうりだされた僕らですが運良く良さげなホテルに泊まることができて難を逃れ ました。

朝起きて軽くオルモックの街を見てきたんですが、、、、、、、 田舎ですね。。。。 何もない!!!!

セブならあちらこちらに、韓国人がいるんですがオルモックでは外人すらいないです! なので皆に結構不思議な目でみられます!

同じ宿に先回りで着いてた日本人のご夫婦がいたので合流。 既に式場もみてきたから場所も大丈夫だよ。とのこと。彼らは30分前にホテルを出ていきました。

これが日本人です!!!!!

僕らはといいますと式開始の2時にホテルを出発しました。 そして、、、迷いました!!!

なんでやねん!!!場所わかるっていってたじゃん!!!

そうですこれがフィリピンスタイルです!!!

結局先に先発していた日本人夫婦に電話で場所をきいてなんとか1時間遅れで到着。

あれ?式まだ全然始まってなくね? 式は更に40分後くらいにようやく始まりました。

そうですこれがフィリピンスタイルです!!!

今回僕が参加したのはビーチウェディングというフィリピンでは珍しいスタイルみたいです。基本は教会みたいです。

式の流れはそんなに日本とかわらないですね。 ただ終始ダラダラと進んでいくのがフィリピンスタイル!

僕が個人的に1番カルチャーを感じたのが 「マネーダンス」というやつです。 踊っている新郎新婦に金をくくりつけるというのがフィリピンのカルチャーらしいです。

マネーダンス

一通り出し物が終わったらみんなでディナーを食べて、、、、 皆適当に帰宅していきます。

「締め」みたいのはなかったです!!!!

「じゃぁそろそろ帰るか?」みたいなノリ! なんじゃそりゃ!

ということで僕らも帰宅! 次の日は2時間の船で帰るために、何度もフィリピン人の友人に 「大丈夫なのか?」と念を押して、無事セブに帰ってきました!

いやぁ。。2時間最高! やっぱり金で買える時間は買うべきですね!!!

ともあれ色々トラブルもありましたが、非常に面白い旅でした。 何より、僕は彼女には学生時代非常にお世話になったので、そんな彼女の幸せそうな顔がみれたこと、彼女の 素敵な瞬間に立ち会えたことがとても嬉しかったです。 さて最後に皆さんに念を押しておきます!!!

「フィリピン人企画で何かする時は、しっかり確認しましょう」

終わり

フィリピン結婚式

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村

 

 

 


you may also like
1月 3 2017

フィリピン現地採用のメリット、デメリットをまとめたよ

11月 18 2016

セブには日本人は何人住んでるのか?セブの数字をまとめました。

3月 23 2016

ロバートデニーロがかっこよすぎる!映画『マイ・インターン』が素晴らしかった。

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top