フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」


第9回開高健ノンフィクション賞受賞作であるこの本。
実は作者の水谷さんには「アジアで働く若者」という題で取材を受けたことがありました。
それ以来ずっと読みたいと思ってたこの本。
日本に帰ってきてようやく読む事ができました。今日はその感想を書こうと思います。

簡単に内容を説明すると。 おっさんが若いフィリピン人女性にはまってしまい、家族も全て投げ捨ててフィリピンに行ったはいいが
女に騙されて無一文になってフィリピンでホームレスになってしまいます。
そんなホームレスになった日本人を自分達も貧しいながら面倒をみるフィリピン人のお話です。

冒頭で水谷さんが「同情する気は全くない」という文章を読んで厳しい意見だなと思ったんですが、読み進めて行くとその気持ちが凄いわかります。
はっきりいって彼らは「なるべくしてそうなった」んだと思います。
親の貯金使ってフィリピンパブ通ってたり、借金ばかりしてたり、フィリピン来てから騙されたって言っても、なんかそんなに騙されたわけでもなく文句ばっかり言ってるみたいな、典型的なダメ人間です。

そりゃ友達もいないだろうし、家族にも見放されるだろ。。ってのが読んでいてわかります。

当初水谷さんは日本の閉塞感や息苦しさと、「困窮邦人」をつなげたかったと思うんですが、この取材対象ではダイレクトにつなげるのは難しいですね。その辺りの水谷さんの葛藤も読んでいると感じられます。

けっきょく彼らはホームレスになって、周りの貧乏なフィリピン人達に助けられます。
そういったフィリピン人達の温かさには感動するんですが、、、そこでもなんというか、どうしょうもない日本のおっさんぶりを発揮するので非常にイライラするという感じです。
僕だったら、腹切ってますね。

日本人のプライドとか男としてのプライドみたいのがちょいちょい出てきて見栄を張りたがるんですけど、日本人としてのプライドあるんだったら、人様の国に迷惑をかけるなよ!みたいなね。
ただ実際こういったことが現在進行形で起きているということはしっかり考えなきゃいけない部分だと思います。
僕はまだ20代なのでこういった感想ですが、また歳を重ねると違う見方になるのかもしれませんね。

読み物としても非常に面白い1冊ですので、是非読んでみてください。
特にアジア圏に住んでる人は必読です。

この作品の中で共通している部分があります。
それは皆、若いフィリピーナにはまってしまうってことです。
確かにね・・・女慣れしてない童貞君なんかが、東南アジア来ちゃうと舞い上がってしまうのが目に見えますね。

おっさんになって暴走する痛い人になるのは危険なので、やっぱり高校生くらいから女に慣れておいて、女の嘘を見破る能力を養うのが大切かもしれませんなー

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外就職 ブログランキングへ


you may also like
12月 23 2016

2016年に読んだ本で良かったのをまとめたよ。

3月 6 2016

サーフィンが有名らしい、フィリピンの地方都市「ダエト-Daet」に行ってきた

1月 25 2013

セブでフットサルやサッカーをする方法。

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top