フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

フィリピンで現地採用として働きたい人へ


2017年更新(こちらも合わせてどうぞ)
フィリピン現地採用のメリット、デメリットをまとめたよ

個人的にフィリピンで現地採用として働いている人達を見ると、大きくわけて2種類のパターンがいたりします。

1つは、その国が好きで日本に帰りたくない。 「とにかくここに住みたい!」というタイプ、、このタイプは色んな意味で段々とフィリピン人みたいになっていきます。

2つ目は英語だったり、海外で働くというキャリアを積みたい。 「ステップアップのための海外就職」というパターンです。

1の人は別に好きにすればいいと思うんですが、2の人には色々と注意した方がいいことがあります。

 

まず1つは、しっかり部署や会社を見極めることです。

正直僕は、現地採用として働きはじめてから、英語を使う機会は減りました。
取引先は日本ですし、同じ職場の日本人と行動することが多くなったので、日本語を使う時間がめちゃくちゃ増えました。
ただ僕の場合は、部署にフィリピン人がいたのとやりたい仕事だったのでその辺は救われてました。

現在アジア系各地で最も需要がある職種は何か?
それは、、、コールセンターです!
フィリピンにも最近増えてきてますね。
ちなみに多くの人が勘違いしてるとこがここなんですけど、ここで言うコールセンターは
「日本人が日本人を対応する」コールセンターです。

ようはただ場所がフィリピンなだけです。
部署にはフィリピン人もいないですし、使う言語ももちろんオンリー日本語です。
そして給料は現地採用価格。
日本で言えば最低賃金を下回る額です。

はっきり言って、僕はコールセンターはオススメしないです。
昔、コールセンターでバイトしていたことがあるので、よくわかるんですが、、

コールセンターってね。。。。
キャリアにならないっす。
精神的に結構辛い仕事なんで日本では時給だけはいいんですよ。
ただやっぱり入れ替わりは激しいです、ようは取り替えがすぐきく誰でもできる仕事です。

唯一の利点だった時給がいいもフィリピンでは日本の最低賃金を下回りますからね。
まぁオススメしないですよ。
やってる友達からも不満しか聞かないですね。

2つ目は、「金を貯めても仕方ない」ということです。

ちまたでは「物価が安いから金が貯められる」って言う噂がありますが、はっきりいいましょう!
あれは都市伝説です!!!

完全に貧乏生活です。現地採用は金がない!!

貯めれても月2〜4万くらいが限界だと思います。(生活はかなり極貧生活を余儀なくされます)
もしパターン1さんみたいに、ずっとフィリピンに居たいという人であれば、月2万貯めてもそんなに悪くないかもしれないです。

でもね、もしこれをステップアップとして考えてるなら、んなはした金貯めても仕方ないです。
月2万を3ヶ月貯めて6万円。
1回日本に帰国すれば、航空券代だけで全部吹っ飛びます。
つまりそういうことです。

コールセンターで働いてた友達の1人は週4日くらい、家庭教師を雇って英語を勉強していました。
ちなみに僕も週2で雇って勉強しています。

金貯めたいなら、日本帰った方が普通に貯められますよ。
またはオーストラリアに出稼ぎに行った方がいいと思います。
だからこそ、今海外にいるという利点を活かして貯金使ってでも投資すべきだと思います。
なんで、ある程度貯金がある状態で来ましょう。

つーかたまに貯金全くない状態で来る人もいるんですけど、危険すぎ!
正直海外は何があるかわからないし、家借りるのにもデポが2ヶ月とか3ヶ月必要なこともあるので貯金は必須です。

3つ目は「日本の支払いがあるとマジで死ぬ」です。

日本で支払ってるローンがある人は終わらせてから来ましょう。

奨学金とかある人は相当大変だと思いますよ。。。

 

とりあえずこんな感じですかね。 参考にしてちょ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外就職 ブログランキングへ


you may also like
3月 4 2016

セブ在住の自分がマニラに行くと必ず行くお店!それが「SM健康スパ_SM Kenko Spa.」だ!

5月 22 2014

HSBC香港で口座開設をしてきたよ

4月 22 2014

駐在員よりも現地のスペシャリストを

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top