フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

俺たちは英語からは逃げられない


以前60歳代の経営者の方に「英語なんて必要ない、まずは伝えるものを作らないと仕方ないだろ」 というようなことを2時間くらい語られたことがあります。 英語議論になると必ず挙げられるのが、「英語の前に日本語を勉強すべきだ」 だったり「中身がないのに英語だけ勉強しても仕方ない」だったりな話。

正直言ってしまえば、そんなことはわかってるんですよ!!!

僕が疑問なのが何故か皆さんこの2つを別に考えていること。 この2つはイコールでしょ。 結論から言えば、どっちもやるしかないわけですよ。

サッカーだってさ、足下のテクニックと基礎体力ってイコールなわけじゃん。 いくら足下上手くて天才的なテクニックを持っていたって、10分しか走れないんじゃサッカー選手としては 使い物にならないわけじゃん。

僕は英語勉強も一緒だと思ってます。 だからこそ、そこを別に考えてるのはナンセンスな話だと正直感じてしまう。

以前「日本人の9割に英語はいらない」と言う本を読んだことがある。 僕は成毛さん好きなんだけど正直感じてしまったのは世代的なギャップ。

僕はここに”今までは”というワードを付け足したいと思う。 確かに今までは日本人の9割に英語はいらなかったかもしれない、でもこれからはそうじゃない。

少なくとも僕ら20代と今の30代は英語から逃げ切れない世代だと僕は思っている。

今の20代には英語がmustな時代が必ずやってくる。 それは僕が今東南アジアで働いて凄く感じること。

この部分はホントに実際東南アジアにこないとわからないかもしれないけど、コストパワーが違いすぎるんですよ。 日本はマジで日本語の壁に今の所守られてるなぁとしみじみ感じます。

この前も日本の会社さんがPhotoshopが使えるフィリピン人を雇いたいということで採用のお手伝いをしたんですが、 技術テストをした方々から「正直フィリピン人舐めてました、全然いけますね」という話を頂いたわけなんだけど 実際こっちの優秀な子はめちゃくちゃ優秀です。

僕も今フィリピン人のプログラマーと一緒に仕事をしていますが、日本だったら月50〜60は全然稼げるだろうなー というくらいの人材が半分以下3分の1とか4分の1で働いているのが東南アジアなんです。 もう一回いいますが、、、コストパワーが違いすぎる!!! このへんと将来戦うのかと思うと、正直今でも死にたくなります。

今後日本語の壁はどんどん崩れていって、日本も本格的にグローバル社会に巻き込まれるのは、まず間違いないでしょう。 そうなったらもう英語なんて、PCでソリティア出来るくらいの当たり前の能力になっていくわけですよ。 初期装備ですね。

僕の予想だと、僕らが45くらいになった時はそんな時代がやってくるんではないかと思っています。 それで45になって淡くって始めても残念ながらもはやツミですね。

だったらいつやるの?

明日でしょ。

まぁ今いきなりやるのは大変ですからね。 明日とか最悪一年後とかでもまだ間に合うのではないかと思います。

そんな皆様に是非オススメしたいのがフィリピン留学です!!! 僕も経験してますが、非常にオススメです! 洋画を字幕なしで見れるくらいの人は英語圏行けばいいと思いますけど、まだそこまで達してない人は とりあえず3ヶ月くらい留学してみれば、何かがつかめるのではないかと思います。 そして山の高さも感じるはずです。

セブなら僕も色々学校関係の知り合いがいますので、もし何かあれば質問してくださいな。

ということで最近僕自身も英語の勉強をサボリ気味だったので自分への自戒も込めて今日は英語について書きました。 共感したら「はてぶボタン」をポチリと宜しくお願いします。

終わり

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外就職 ブログランキングへ


you may also like
2月 21 2016

アマゾン様が2月25日まで【50%OFF】翔泳社全点セールをやってるよー!!

8月 24 2012

日本人と韓国人の違い(見た目編)

5月 5 2017

海外生活3年目の壁と出戻り組

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top