フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

りょうへい今月のオススメ本2〜世のハゲに送る名作「ぼくは髪の毛が少ない」


はい。 ということで不定期開催のこの企画! 第2回目です。 ちなみに普段Kindleでしか買わないので(正確にはKindleでしか買えない)全部Kindleで購入できます!

今回まず紹介するのが、、、本ではなくマンガなんですが、非常にオススメの一冊。

「ぼくは髪の毛が少ない」

世のハゲ達に元気を与えてくれる、素晴らしい名作でしたね。 僕もハゲ予備軍として、幼き頃から「お前将来絶対ハゲる」と連呼されながら生きてきた人間ですからね。 これを読んで元気を貰えましたよ。 ヤバくなったら全ソリだな。

未だかつてハゲをここまでポジティブにとらえた作品はなかったでしょう。 この本にも書いてありますが 「実はハゲには天才、偉人が多い」 そうですよ!孫さんも、ジョブスもハゲてます!! アインシュタイン、ナポレオン、ピカソ、ダ・ヴインチも!!

そう!ハゲは選ばれた優秀民族の証だったということがここで判明したわけです。

ということで是非皆さん読んでみてください。

 

「不格好経営」

もうこれは皆さん知っている作品だと思います。 DeNAの南場さんの本です。

飛行機の中でずっと読んでました。 ゴーストライターを使わずに書いたとあったんですが、確かに文章がそんなに上手くはないんですけど、心に非常に 響く、生の文章ってこういうことなんだなと思いました。 中身も面白いです。 僕もベンチャー側の人間なので勉強になることもあるんですけど、逆にスタート地点があまりにも違いすぎるの で参考にならない部分も沢山あります。 ベンチャーというと1くくりになることが多いですが、ここは始めから普通のベンチャーじゃないっすね。 元々マッキンゼーで実績があったという土台があったから実現できたことが多すぎる。 普通の会社がいきなりリクルートから出資うけたり、ソニーの社長と電話で話せないでしょ(笑)

ただ普通に読んでて面白いので、オススメです。

 

「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない」

アメリカって聞くと、アメリカンドリームやシリコンバレーみたいな。 世界の最先端をイメージしてる人がまだまだ多いのかもしれない。 この本を読めばそんなんは幻想なんだってことがすぐわかりますね。 あれはまさにアメリカの1部分で大部分のアメリカ人はこっち。 ちょっと古い本ですが、充分楽しめる本です。

 

「未来の働き方を考えよう」

ブロガーのちきりんさんの一冊。

これから働き方はどんどん変わっていくんだと思います。 確かに、、大学でてから40歳までの時間より、40から定年までの時間の方が長いって、、なんか怖いですな。 特に今後は死ぬまで働かないといけない時代がくるかもしれない。 僕は非常に共感できる部分が多かったです。 まぁ僕は比較的新しい働き方をしてる方だと思うので、あれなんですが、大企業に努めていたりする人にこそ 是非一読して欲しい一冊。 これからのキャリアだったり、働くということを見つめ直させてくれる素敵な本です。

 

ということで今回はこんな感じです。 終わり

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外就職 ブログランキングへ  


you may also like
4月 11 2015

タイに旅行に行って感じたフィリピンとの違い

1月 5 2014

パラワン旅行記1〜パラワンにあるバーやクラブを調べてみた。

1月 23 2014

Amazon様の策略にはまった

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top