フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

タクロバンに物資を届けに。フィリピンでのボランティアで思う事。


もう2週間程前になりますが、Daredemo Hero Incさんのお手伝いとして、被災の中心地レイテ島(Leyte)の中でも最も被害が大きいと言われているタクロバン(Tacloban)に行ってきました。

僕が言った当時は、まだ自衛隊も現地入りしていない時期で、略奪強盗が起こっているという噂も多かったので 「ヘタしたら死ぬかもしれん。。」と思いながら船に乗りました。

タクロバン 1374777_10201403145373756_18182139_nタクロバン台風

現地の写真を何枚かアップしましたが、レイテの上の方はほぼ壊滅と言っていいくらいボロボロでした。 道の脇には所々に遺体が蔽いをかけて放置されています。

死者 台風

どっから手をつけていいのかわからないくらいの状態ですね。

治安に関しては、既に各国の軍が到着していたこともあって、いうほどの危険は感じませんでした。

僕らもメインから少し離れた、集落で物資を配りました。 といっても今回は運べる数に限界があったのと、初回で状況が読めないこともありまして、持ってきた物資は 30分程でなくなってしまいました。

現状みて思ったのは、もう支援なしでは立ち上がることができないくらいダメージがでかいです。 日本や各国からも寄付が集まってきているし、フィリピン国内でも物資の寄付ボックスが色んなとこにおかれて います。

さてこっからが本題ですが、この国で慈善事業をするのはホントに難しい。

フィリピン人を心から信じるのは中々難しいのです。 特に金や物が絡むと尚更ですね。

その難しを感じさせてくれる事件がこれです。 僕は2回目、3回目の活動には参加できなかったんですが、こんな事件が起こってました。

以下DAREDEMO HEROからの報告文です。

「前回の活動で『DAREDEMO HERO CHARGING STATION』は大・大・大成功を収めました。今回の活動ではます「CHRAGING STATIONがその後どうなっているのか」を確認するために真っ先にその場所を訪れました。すると、、、想定内ではありましたが『最悪』の事態になっていました。まずはテントが撤去されていました。そして管理を任せたバランガイキャプテン(村長)に事情を尋ねると、「夜は危険だから撤去している。朝にはいつもの場所に置いている」との返答。フィリピン人スタッフのロナは何も言わず納得していましたが、私は今までのフィリピン生活での経験上、それをそのまま受け入れることはできませんでした。早速、被災者の一般の人々に調査をしました。すると、あの日以来、一切『CHARGING STATION』はオープンしていないとのこと。やはり、、、テント・ジェネレーター・チャージングシステムを含め全て村長の自宅に運ばれていました。さらにそのことを突っ込むと「ガソリンがないから使えない」との言い訳。なんと、、、テントを張っていた場所には1瓶80ペソと書かれたガソリンが販売されていました!!!!! 私たちは今回の支援活動までは十二分に使えるだけのガソリンを購入していたのですが、恐らく、、、それ以上のこと言わないでおきます。」

THeフィリピンと言いたくなる出来事ですねー。 僕も前回、ここの村長に会っているのでなんだか切なくなりました。ちなみにこれがCHARGING STATIONです。

ジェネレーター

しかしこれがフィリピンの現実です。

ある程度教養のあるフィリピン人達は「国の機関に寄付しても政府がポケットにお金いれちゃうから意味ないよ」と言ってるし、寄付したものがちゃんと被災者のとこに行くのかがホントに難しい国です。

あと個人的に感じたのはチームワークですね。 現状、向こうに行く船だったり帰るための船がとにかく取れない。 なんとか取れても結構辛い船だったりします。 荷物の入れこみもすげぇ要領悪いし。。

なんでかって言うと、家族単位で皆行動しすぎなんですよ。 もちろん家族が心配なのはわかるんですが、被災してから日がたってない状況で、小さい子供連れて被災地いかんでもいいだろ。。みたいな。 小さいグループが多すぎて、全体が圧迫しすぎて、ホントに必要な人達に中々物資が行き渡らないような現状があると思います。

後これもあんまり大きな声では言えませんが、企業アピールいらんだろ!!っていうのもありますね。 僕の知り合いが参加した物資の詰め込み作業のボランティアで大量に物資を支援した、フィリピンの某企業のステッカーを支援物資に貼るのにボランティアメンバーの7割取られていたらしいです。

僕が行った時も、、、、、あんまり大きな声では言えませんが、、その部分で疲れる部分がありました。 かさばる!!!運びにくい!せめて畳めるようにしてくれ!的なw

まぁ色々ありますが、だからと言って、支援の手を休めるわけにもいかないのが現状です。 日本の方も沢山義援金を寄付されている方いると思いますが、、、寄付する場所は本当に重要です。

フィリピンの役人や政治家が絡んでるグループは高確率で信用できないですからね。。

是非、本当に動いている団体を調べて彼らに義援金を託してください。

今回僕が参加したDAREDEMO HEROについてはホームページがあるのでご確認ください。 詳細情報はfacebookページがわかりやすいです。

あと最後に、色々日本での報道のされ方でセブに来られること自粛されている方もいるようなんですけど、 ぶっちゃけセブシティは何も問題ないです。 支援含めて是非フィリピンにお金を落としに遊びにきてください。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外就職 ブログランキングへ


you may also like
6月 30 2014

フィリピン人のマネージメントで大切なニンジンのお話

4月 16 2013

レアジョブを試してみたよ。

3月 27 2013

海外からの一時帰国者向け便利なサービス

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top