フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

フィリピン人向けWEBサイトを試しにいくつか運営してみて気がついたこと。


フィリピン人向けのwebサービスやブログを3つくらい試しに運営してみた。
まだ初めて6ヶ月程度だが、やはり日本とは考え方が全く違う。

フィリピンは「Facebookを制するものがWebを制する」と言っても過言ではないような気がする。

というか本当に!!やつらFacebookしか見ていない。

プルマーケティングの土台がフィリピンはまだまだできていないというのが自分の印象。
自分で検索して情報を探したりすることをしないので、ブログみたいなマーケティングは中々難しい。
SEOの価値もフィリピンは完全に低い気がする。
だって検索しないんだもん。

彼らの情報収集はFacebook!誰かが書き込んだフィードを眺めて情報を取りにいくスタイル。
完全に受け身なので、プッシュ型のマーケティングは成功できる可能性があるんじゃないかと個人的にはみている。

うちでもブログをスタートしてみたのでこの前レストラン行った後ブログ書いてと言っても、写真だけみたいなのが結構あがってくる。
「どういう情報が欲しくて調べるのか考えて書きなされ」と伝えてもなかなかわかってもらえない。
そもそも彼女達はレストランを検索したりしないらしい。じゃぁどうやって知るんだよ?
「友達からきいた」「家族がいってた」
他にも、なんでその大学行ったの?ってきいても「親戚が通ってたから」とか「親のオススメ」とかでなんていうか自発的に実際そこどうなのみたいなのを調べたりしない。

フィリピン人と長く接するとわかるんだけど、彼らはフィリピンのこと実は全然知らない。(歴史的な部分や地理的な部分ではなく)

うちのスタッフなんかは、プログラマーやデザイナーなので情報感度が本来であれば高くあって欲しいけど、自分が 「今度セブでこんなテックイベントあるんだって!」みたいなこと伝えても全然知らなかったりする。

彼らは「興味がないから知らない。」と言うんだけど、「興味がないことと知らないことは別だぞ」と私はいつも伝えている。フィリピンのマーケットを相手にするなら、まずスタッフの情報感度を上げないと話にならないと思っている。

そんなこんなで実験的に色々やってたんだが実は先月、軽くバズることができた。
1日1万PVを超えて。ちょっとビビった。普段100pvくらいしかなかったのに一気に跳ね上がった。
同時アクセス数もここまで上がった。

フィリピン webマーケティング

興味深いのがこのデーター

フィリピン facebook国家

Facebookのシェア数とツイート数に差がありすぎるw
Twitterはフィリピンでは効果ないかもしれない。

というかFacebookのパワーが凄すぎる。
日本人と比べてもフィリピン人はすぐlike押すのでlike押させるのは比較的イージーだと思う。

あとこっちのサイトは無理矢理like押させるような作りをしてるwebサイトも多い。

セブで最近知名度が上がっている「hangingrice」も流入のほとんどがfacebookみたいだ。(自分調べ) ただ予想外だったのがpvがどうやら30万近くありそうってこと。
やるなーhangingrice

まだ、Facebookでの広告だったりの課金部分は全然試してないのでそのあたりはどんなリアクションがあるのかわからない。

とりあえずフィリピンマーケットの調査も含めて今後も色々実験していこうと思う。
今回は地域的にはアクセス数のほとんどがセブだったこともあって、正直マニラが全然わからん。(ネタ的にもセブネタだったので、マニラからのアクセスは全体の10%くらいだった。)

フィリピンを抑えるにはやはりマニラは抜かせない。個人的にはセブとマニラの人間で情報の取り方も違うんじゃないかなと思っている。

詳しい方いましたら是非、ご飯でも行きましょう。


you may also like
1月 11 2014

パラワン旅行記3〜アンダーグラウンドリバーと年越し

6月 28 2013

セブで仕事を探す-現地採用

2月 4 2016

「ラブチーム」から見えるフィリピンのカップル至上主義

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top