フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

「マイケルムーアの世界侵略のススメ」が素晴らしかった件

世界侵略

facebookでフィンランドの教育事情についての動画がシェアされてきた。
フィンランドが世界トップレベルの学力を持つに至った教育方針は「宿題なし」「統一テストなし」という一風真逆に見えるもの。
先生たちも勉強を教えるというより「子供をノビノビと学習させて人生をどう楽しく過ごすか」にフォーカスしてるように見えた。

早速影響を受けた私は元動画を探すことに!!
どうやら元動画は「マイケルムーアの世界侵略のススメ」という映画みたい。
早速Amazonにいってストリーミングレンタル。
きになる映画があればすぐにネットでレンタル(その場でみれる)できる。。
いい時代になったもんだ。

あらすじ

マイケル

まずは予告動画を見て欲しい。ナレーションはアナゴさんだ!

内容

内容はマイケルムーアが他国のいいとこをアメリカに持ち帰るという話。
一見コメディタッチで描かれているが全編を通して実に考えさせられるそんな内容だった。

・イタリア人は年間8週間も有給があり、会社の昼休みは2時間!!
・ドイツは休日に部下に連絡するのは法律違反!!
・麻薬の使用は合法なポルトガル
・宿題もなく、週に20時間しか授業がないのに、学力は世界トップクラスのフィンランド
・フランスの給食は超豪華!

サマリーはこんな感じ。
もちろんそれぞれの国にも問題はあるし、あくまでこの映画はその国の「いい部分」しかフォーカスしていないが、学べる部分はたくさんある。

特に働き方の部分は日本人にも是非考えて欲しい内容。
小さい子供がいるのに毎日終電帰りのサラリーマン、、個人的にはそんな毎日は寂しすぎると思っている。
日本人はもうちょっと家族との時間を大事にしたほうがいい。
この映画で描かれてるイタリアやドイツの働き方も素敵だなと思う。
ただ起業家として考えるとヨーロッパで会社やるのは超、、大変そうでやりたくないけどw

フランスの子供の給食事情、そしてこの映画を見るきっけになったフィンランドの教育事情はお子さんがいる方は必見!

日本から離れて、世界はどうなっているのか?
ここの視点ってすごい大事だと思う。

内容自体もそんなに重くないので気軽に観れるので是非まだ見てない方はアマゾンでレンタルしてみて欲しい!


you may also like
8月 2 2015

サウスピークで体験授業を受けてみた

3月 9 2014

セブに新しくできたNEWアトラクション!逆バンジーSky Shotで遊んでみた。

4月 16 2013

レアジョブを試してみたよ。

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top