フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

2016年に読んだ本で良かったのをまとめたよ。

本

2016年ももう終わりですね。 ということで去年に引き続き私が今年読んで良かった本をいくつか紹介します。
(今年読んだだけで別に新しい本ではないものもあります)
去年の記事はこちら。

「学力」の経済学

子供いる方は必読でいいと思うくらいの良書!
子育てって主観的な部分が多いんですが、この本では何千人規模の実験データーを元に「ご褒美で釣ること」「褒めて育てること」だったりのテーマでどういう結果が出たのかが書かれています。
文自体も硬くないしサラサラと読めちゃいます。

自分を操る超集中力

最近大好きな「メンタリストDaiGo 」の著書です。
私普段から集中力の無さを悩んでいたんですが、この本を読んですこし改善した気がします。
普段の行動や食べ物、そういった細かい部分から集中力を上げるために必要なことが色々と書かれています。
かなり実践的なんで読んですぐ始められます。この本を読んでからウィルパワーを高めるために毎朝マンゴーを食べるようにしてます。

イーロン・マスク 未来を創る男

次世代のスティーブ・ジョブズとも言われている「イーロン・マスク」のストーリー。
もちろん名前は知ってたし、どんなことやってるのかも表面は知ってたんですが、この人の場合作ってるプロダクトが自分とかけ離れすぎていまいちピンとこない部分が多かったんですが、この本を読んでようやく色々わかりました。
ビジネスの参考には全然ならないけど今一番旬な起業家がどんな人間か知れます。
ジョブズもそうだけどこういうthe起業家って人間としては色々欠落してるよね。

悩みどころと逃げどころ

社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の対談本。
「梅原さんは学校が嫌いで、授業中は寝てばかりいたという。それなのに私の周りにいる、一流大学を出た誰よりも考える力が凄い。いったいどこで学んだの? 学校の役割って何なんだろう……」

というちきりん氏の疑問から始まった対談。
高卒の梅原氏とエリートとして育ったちきりん氏、2人の価値観が違いすぎて、そのズレがまた面白い対談になってます。

第1章 学歴
「学校って行く意味ある?」ちきりん
「大アリですよ!」ウメハラ

第2章 競争
「寝てた僕が悪いんです」ウメハラ
「いえいえ、悪いのは先生です」ちきりん

第3章 目的
「なにより結果が大事!」ちきりん
「ん?結果よりプロセスですよ」ウメハラ

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

2014年の本なんですが友人に勧められて今更読みました。
USJのマーケティング部長だった森岡 毅氏の著書。
マーケティングに関わってる人は必読でいいと思うくらいよかったです。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがいかにディズニー超えを果たしたのかが書かれています。

特に私の心に残ったのが、モンハンとコラボするために自分で400時間モンハンをやったりワンピースとコラボするためにワンピースのアニメを全話見たりしたエピソード。
よくネット業界だと行ったことがない場所の記事書いたり、使ったこともない商材の広告打つ事が普通にあると思うんですが、マーケティングの本質って結局商品を知ることだと思ってるので初心に帰れました。
モチベーションも上がるし、勉強にもなる来年も読み返したい一冊です。

作家の収支

私がミステリー小説にはまるきっかけを作ってくれた「森 博嗣」先生の一冊です。
この本は小説ではなく実際の作家の収入についてかなりオープンに書かれています。
アニメ化されたら?ドラマ化されたら原作者にはいくらくらい入るのか?
印税の仕組みは?等興味深い話ばかり!とても面白く読めました。

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

社会派ブロガーちきりん氏の最新作
ちきりん本2冊目です。この人の本読み易いのでスラっといけます。
テーマは生産性。
労働時間を短くして、いかに成果を上げるか。確かに残業して仕事を終わらせても生産性は上がってないんですよね。
「効率よく時間を使うにはどうすればいいか?それは無駄なことをなるべくしない」
自分にとっては家事なんてまさにそれで、いまではお湯すら自分でわかしません。
家事はメイドに任せて、その時間は子供とのスキンシップに使った方がはるかに自分にとって満足がいく時間の使い方ができてると感じてます。
日本も家事代行やベビーシッターサービスがもっと普及すれば、もっと皆んなが余裕が持てる生活ができるんじゃないかなー。

まとめ

全体としては30冊くらい読んだんですが、2016年ノミネートのこの7冊でした。
未読の方はオススメですので年末休みに是非お試しくださいませ。


you may also like
5月 5 2015

世紀の一戦!パッキャオ vs メイウェザー観戦レビュー(セブで)

3月 13 2013

「CEBU.20z」(セブで働く20代の会)

12月 9 2013

フィリピンで最も有名な日本の俳優は誰なのか?調べてみた

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top