フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

海外生活3年目の壁と出戻り組

出戻り組

セブに住み始めて5年目が過ぎた。
最近新しい人に「どれくらい住んでるんですか?」と聞かれて「5年目です」と答えると「えー!!凄い!(よくこんなとこに5年も住んでるな!キモ)」と言われるようになった。ちなみにカッコ内は私の被害妄想です。
そろそろ痛い人なのかも知れない。

さすがに5年も住んでると沢山のお別れを経験する、今は以前ほど新しい方に会う事は減ったんだけど、セブに海外就職に来てる人の大半は1~3年で日本に帰る。
1年目で帰る人は仕事や生活環境が合わないというのがほとんどで、その次に3年目の壁がある。

その1つがフィリピンイライラ現象だ。
1年を過ぎると段々とフィリピンにイライラしてくる。
留学生や来たばかりの人って全てが新鮮で何かトラブルがあっても「あーこんな感じなんだー!」っていう新鮮さが勝るんだけど、1年過ぎるとその全ての原因がただの怠慢だということがわかってくるのでスゲェイライラしてくるのだ。
ここでしっかりトラブル事前回避テクニックを習得できないと、残された道はローカル化しかない。
しかしローカル化すると仕事のスキルは-40レベルくらいになるので気をつけよう。
トラブル回避テクニックについてはこちらの記事をどうぞ。

そんなイライラと仕事やキャリアの不安、そして女性だと結婚だったりの不安から、だいたい皆3年目くらいで日本や他の国に帰ってしまう。
そして私はだんだんと友達がいなくなる。。というのがここまでの流れだったんだが、ここに来てまた新展開がスタートした。

それが!!「出戻り組」だ!!!
数年前に日本に帰った人たちがなんとセブにカンバックするとう新しい流れがいま生まれている。

私の友達も「そろそろ結婚したい」ということで日本に帰ったが、「結婚無理やわ。セブビール安いし、こっちの方が楽しい」と言ってセブに帰ってきた。

日本に帰ったはいいが、満員電車やキツイプレッシャー等でセブがやっぱり恋しくなって戻ってくる「出戻り組」が今後ますます増えてくるのかもしれない。


you may also like
3月 30 2017

頭痛の原因はアゴだった!「顎関節症」で死にそうになってた話

1月 27 2015

マニラのオススメホテルを紹介するよ

12月 23 2014

バナナボートとジェットバイクは体験するべき!!

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top