フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

セブの飲食業はいよいよ戦国時代に突入か!

飲食

セブにもCoCo壱番屋に三ツ矢堂製麺と日本の有名フランチャイズがついに進出を初めてきた。
果たしてセブの飲食業会はどうなるのか?

IT業の自分からすると、飲食って初期コストもランニングコストも高くて全然うま味があるビジネスに思えないっていうのが正直なとこ。
そんな全く飲食業とは関係ない自分がセブの飲食業について考えてみた。

セブで流行ってる飲食

リブ

いま現在セブで流行っているレストランといえば、チキンの食べ放題のような薄利多売系。
ただこういうビジネスだと利益出ても月間10万ペソがいいとこなんじゃないかなと思う。
フィリピン人なら10万ペソでもいいけど、わざわざ日本から来て10万ペソ利益じゃね。。

ちなみにセブで流行ってる店はほとんど、フィリピン料理系だ。

日本食系で混んでるなー、、って驚くのは優勝軒くらいかな。
あとはたまに混んでても日本人ばっかりとかそんな感じ。

高価格帯はぶっちゃけ儲かるとは全然思えない

日本食系はどこも日本と同じくらいの価格で勝負をしたがる。
マニラのお店だと、日本より高いくらいの価格帯でもフィリピン人でいっぱいの日本食屋が沢山あるんだけど、セブでそれを実現するのはかなり難易度が高い。
(だからこそ優勝軒は凄い)

そもそもパイが小さい

そもそもセブで一杯400pesoのラーメンが食べれるフィリピン人ってまだまだ多くないし、日本食人気も全然だと思う。語学学校の先生に日本食奢ったらリアクションあんまりだった、、、って経験ある人は多いんじゃないかな。
うちも社員に色々食べさせたけど結局フィリピン料理が喜ぶという結論に、、、
なので正直フィリピン人を狙うにするとマーケットが小さすぎるっていうのが個人的な感覚。

日本人狙いだとしても、セブは確かに留学生という特殊な人材がいるんだけど、案外留学生は日本食食べにいかない。(ご飯付きの学校も多いし、金ないし)
セブは旅行者も多いがフィリピンに旅行にきて日本食食べたいって人は少数かと。。。

そうなると住んでる人なんだけど、ここもマニラに比べて駐在員も少なく羽振りがいいのが少ないイメージだし、数も多くない。

そんな大きくないパイの中でお店が増えてきてどうなっているか?

客が分散する。

わかりきってることだが、これがセブの今の現状だと思う。

昔は選択肢が全然なくて行く店が固定されていたのが、今は結構選べるようになったので昔ほどリピートしなくなった。

イタリアンのミケランジェロなんかはまさに良い例で、調子に乗ってブランチをガンガン作ったが結果お客さんが分散しただけで、結構厳しそうだ。

そんなただでさえ、分散しちゃってどうしようって中で、、、CoCo壱番屋と三ツ矢堂製麺がやってくる。
この流れで行くと今後更に日本の有名フランチャイズも進出してくるような気がする。

資本もネームバリューも飲食のノウハウも味も持っている大企業の進出。
大変なのは今の既存の飲食店舗。
どう戦うのか?
特に中規模系は中々厳しい戦いになるんじゃないかと思う。

自分が来た5年前から見ても、潰れていった日系の店はたくさんみてきた。今後そのスピードは上がっていくかもしれない。

美味しいお店がお増えてくれると自分としては嬉しいけど、セブの飲食も新しいフェーズに入っていくような気がする。

勝ち残れる店舗

凪

現段階で勝ち残れるだろう店舗とダメそうな店舗っていうのは自分の中では明確にあったりする。
そんな勝ち残れそうな店舗の特徴をいくつか紹介したいと思う

1,職人系の店
大手に勝てるのは研ぎ澄まれた個!ってことで個人技で勝てる店舗。
ようは美味しいくてそこに行かないと食べれないお店は間違いなく残っていくと思う。

2,ファンがいる
なぜスナックは潰れないのか?に通じるとこだが、固定のファンがいるお店はやっぱり強い。
食べ物がどうこうってよりは、そこのお店の経営者が好き、そこのお店に集まる人が好きってお店は生き残っていける気がする。

3,語学学校と一体型
逆に語学学校がダメになるとアウトだと思うけど、語学学校が繁盛してるうちは大丈夫でしょう。

4,新しい系
人気がいつまで続くのかわからないが、新しい系はフィリピン人で爆発的な人気を獲得できるかもしれない。
今現在で言うとASにあるチーズに包む系の店は開店前から大行列ができてるくらい。

5,場所がいい
場所が流行ってれば味が大したことなくてもお客が入る。飲食って場所超大事だと思う。

まとめ

私の結論としては「セブで飲食でぼろ儲けは、、 難易度高め」だ。

ただ個人としては美味しいお店が増えるのは大歓迎なのでガンガン進出してほしい!!

飲食をやりたい人にアドバイスをするとすると市場調査はしっかりやりましょう!ってことかな。
「なんでそこに作ったの?」ってお店結構多いんだよね。
そういう店はだいたい潰れていってるけどw

あと私飲食やってる友達それなりにいるんだけど、みんな他の店舗を知らなすぎる!!
私こう見えてもセブのレストランについては結構詳しい自信があるので、よく飲食の友達に「どこどこに新しいのオープンしましたね」って話してもだいたい知らないんだもん。

同じメニューでも味が全然違ったりするからね。
この味で満足しちゃダメでしょ?
流行ってるお店の研究続けないと勝てないよ。
とマーケッター目線では色々思うことはある。
特にITを上手く活用できてる飲食って、とっても少ないイメージだからもったいない!

ということでセブの飲食業について書いてみた。
あくまで外野からの意見だけど、セブの飲食業が今後どうなるかとっても楽しみ!


you may also like
8月 13 2017

ボホールの高級リゾート「ベルビューリゾート_The Bellevue」に泊まってきた

2月 17 2013

Chiken&Beer

5月 25 2017

VPNで海外からアクセスできないサイトにアクセスしよう!

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top