フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

夜泣きとは違う、子供が突然泣き叫ぶ「夜驚症」。娘がなった時の対策方法を紹介。

アイキャッチ

夜驚症(やきょうしょう)は子どもによく見られる睡眠障害の1つらしい。(子供の5%くらいがなることがあるようだ)
うちの3歳の娘が実は先々月から、この夜驚症の症状に悩まされていた。
現在は症状は止まって問題ないんだが、症状と対策について簡単に書いておこうと思う。

夜泣きとは違う、突然泣き叫ぶ

うちの娘は夜泣きをする子だったので、夜泣きの感覚はわかっていたんだけど、夜驚症は夜泣きの感じとは全く違う。
まず泣き方が全然違う、そして何かに異様に怯えている。
何かに狂ったように怯えながら泣きだしたら「夜驚症」の症状を疑った方がいい。

うちの場合は症状は毎日あるわけはなくて3日に1回とかだったが、とにかく異常な感じだったのでかなりビビった。
看護婦をやってるうちの母親に確認したところ「夜驚症」の症状と合致したので、とりあえず一安心した。

夜驚症の解決策はパニックの中にある

手をつなぐ

うちの娘の場合は夜驚症が発症した場合とにかく「手」を気にしていた。
「手を洗いたい」とパニックになるのだ、ちなみに手は別に汚れていない。

なので寝る前に手を必ず洗い、「汚くないよ」と安心させてから寝かせるようにしたところ症状が止まった。
今の所1ヶ月は症状が現れてないので効果があったんじゃないかと思う。
なので、子供がパニック状態で発してる言葉にこそ解決の「ヒント」があるので、しっかりヒアリングして原因を抑えるのが良い対策方法なんじゃないかと思う。
ただもし、それでも症状が治らない場合は小児科医師に相談しましょう。

まとめ

正直症状見るとかなりビビるけど、まず親は落ち着くこと。
あと怒って寝かしつけそうとすると逆効果なので、まずは安心させて落ち着かせるのが大切。

これのおかげで1ヶ月寝不足だったけど、ようやく私にも安眠が戻ってきたぜ。


you may also like
8月 11 2016

セブにビーチはない

1月 5 2013

フィリピンの結婚式

1月 23 2013

セブ初のコワーキングスペース「AJITO」を見学してきました!

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top