フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

「だから、居場所が欲しかった」海外就職のもう一つの側面に切り込んだ一冊

居場所

海外就職にはキラキラした側面だけではなく、知られざる闇の部分がある。
ゴーゴーバーにハマる女性やLGBTの男女。日本で居場所を無くした人たちのリアルな海外就職がこの本には描かれている。

あらすじ

まずはアマゾンにもUPされている内容紹介をみて欲しい

”「お電話ありがとうございます。○○社の△△です。ご注文ですか?」
陽光溢れる、東南アジアのタイ、バンコク。高層ビルの一角にあるコールセンターでひたすら電話を受ける日本人がいる。非正規労働者、借金苦から夜逃げした者、風俗にハマって妊娠した女、LGBTの男女……。息苦しい日本を離れて、彼らが求めたのは自分の「居場所」。フィリピン在住の開高賞作家が日本の現実をあぶりだす問題作。

第1章 「非正規」の居場所
学校時代、いじめに悩み、卒業後に非正規労働を繰り返した吉川は、バンコクでDJの道を目指すが……。
第2章 一家夜逃げ
10歳上のタイ人の妻を持つ世渡り下手な本田は仕事に追い詰められ、借金を残したまま一家でタイに渡る。
第3章 明暗
コールセンターを踏み台にステップアップした丸山。困窮邦人へと転落する関根。明暗を分けるものとは。
第4章 男にハマる女たち
バンコクのゴーゴーボーイ(ブリーフ姿の若いタイ人男性らがステージで踊る連れ出しバー)にハマってしまう女たちがいる。シングルマザーとなった青山、藤原姉妹はそれぞれゴーゴーボーイと結婚して海外移住する。
第5章 日陰の存在
日本ではまだまだ許容されているとは言えないLGBTの人々。一見許容度の高いタイのでコールセンターで働きつつ、居場所を模索する。家族との軋轢で悩む高木。風俗嬢の仕事まで経験したレスビアンの堀田。性転換を果たした水野。果たして彼らに居場所はあるのか。”

いやー重い!
この時点で既に重いが内容を読むと更に重くてテンションが下がる。(笑)
でもこれ、リアルな話なのだ。

抜粋内容はこちらの記事から読める

海外就職=グルーバルエリートではない

海外就職というと、華やかなキラキラした情報や、意識高い系のインタビューなんかが多いんだけど実際はこういう日本から逃げてきたような人たちも沢山いる。

今でこそセブは英語留学が流行った結果、インターンって形で英語を勉強しながら働く人たちが増え、働いている人の年代も雰囲気もかわったが私が5年前に現地採用として働いていたあの頃は、この本に出てくるような人達がコールセンターの部署には沢山いた。

当時若くてキラキラしていた自分は「海外で働いてるなんて凄い人たちなんだろうなー」とかなり期待してたんだけど、実際に話してみると「あれ?」なんか違うぞ、、と感じたあの記憶は今でも忘れられなかったりする。

実際海外に住んでる人でも多分この本を読むと「偏ってる」とか「そんなのみたことない」って言う人も多いと思うんだけど、それは単純に知らないだけ。
作者の水谷さんも取材がかなり難航したことが書かれているんだけど、キラキラ系と違って、このタイプは全く面に出てこないので普通に生活してたらまず出会えない。

私が以前書いた記事「現地採用の1つの幸せの形「ユートピア」」と同じ様なタイプの人たちだ。

タイの場合はフィリピンと違って「英語」という武器も身につかないのでコールセンターで働いてる人は更に特殊なイメージだけど。

居場所探しの海外就職

何が言いたいかと言うと、意識高いだけが海外就職のあり方ではないってことだ。

単純にこの国に住みたい、とか日本に居場所がなくて海外で就職するって人も意外と多い。(成り上がりたいなら考えないとダメだけど)
現にセブでは今「出戻り組」が増えている。

「日本にいると死にたくなる」
私の知り合いの30代後半の女性の言葉だ。
彼女は最近フィリピン人と結婚してなんだかんだ幸せに過ごしている。

本のタイトル「だから、居場所が欲しかった」
読み進めていくとこのタイトルの絶妙さがよくわかる。

ボンビーガールに出てくるような華やかな話、プール付きの家に住めて日本より満足度が高い仕事ができる!
もちろんこれも海外就職のリアルな話だ。
ただそれと同じ様に、同じ海外就職でもこういった側面があるってことは、今現在海外就職者してる人もこれから将来海外就職をしたい人も知っておいて欲しい。

とてもオススメなリアルな一冊。
キンドル版も11月末に発売予定の様だ。

まとめ

作者の水谷さんとは実は何度かインタビューをしていただいたこともあるので個人的にも知っている。
最初にお会いした5年前?くらいだったかの時にタイのコールセンターの話をされていたので本当に長い時間かけて作った本なんだなーと、改めて水谷さんのドキュメンタリー作家としての凄さを感じられる一冊。

水谷さんの前作「日本を捨てた男たち」についてはこちらから。

ちなみにセブに関していえば本当にこの2年でかなり様変わりしたと思う。
昔のように誰でも良いみたいな採用は少なくなったし、コールセンターでも割と厳しく成果を求める会社が増えたので、このタイのようなセフティネットになるような企業は少なくなったような気がする。

海外就職といっても色々な生き方がある。
そんなリアルを感じられる本だった。
ただ読んだ後は3時間くらいテンションが上がらなくなるので要注意。


you may also like
5月 25 2015

海外在住者必見!日本で免税購入!Mac BookProが2万くらい安くなった。

1月 7 2015

フリーランスやオフショア開発してる人に激オススメツール「Gyazo」

4月 30 2013

フィリピンで現地採用として働きたい人へ

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top