フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

サッカーファンなら必読のおすすめサッカー漫画はこれだ!

サッカー漫画

月に2万円は漫画につぎ込んでいる、サッカーと漫画が大好きな自分がゲキハマり中のサッカー漫画を紹介。
2018年のW杯を前に今からテンションを上げておこう!
サッカー経験者の方も納得の作品達だと思うので、まずは騙されたと思って3巻くらいまでは買ってみてね。(そしたら止まらなくなること間違いなし)

GIANT KILLING(ジャイアントキリング)

今回このテーマーでブログ書こうと思ったきっかけは、ジャイキリの最新刊45巻が涙なしでは語れなかったから!(持田が好きなんです)

持田

”低迷を続ける日本の弱小プロサッカー・クラブ
ETUに一人の男が監督として迎えられた。
男の名は、達海猛(たつみたけし)。”

ってことで舞台はJリーグ、主人公は選手ではなくて監督っていう、かなり新しい切り口の作品。
各キャラクターの立ち方が本当に素晴らしい。

椿

お涙頂戴な臭い感じじゃないのに自然に涙が出てきちゃう「サッカーを通じて生き方」を感じられるそんな作品。
監督、選手だけじゃなくて、サポーターやフロントまでサッカーに関わる人全てにスポットが当たるのでとにかく深いのだ。
そんな深い中でも描き方やキャラクターがキャッチーだから話が重くなりすぎないところが上手だよね。
30巻なんて30回くらい読み返したくらい大好きな巻。

そして肝心のゲーム自体の描写も本当に面白い。
なんたって1試合に3巻分使ったりするくらい細かくゲームや心理描写を描いてくれる。

今まで読んだサッカー漫画で1番を上げるなら自分は「GIANT KILLING」一択!
未読の方は今すぐ買って読みましょう!必読です!

さよなら私のクラマー

あの「四月は君の嘘」で有名な新川直司氏の新作はなんとサッカー漫画。

しかも舞台は高校女子サッカーっていうのがまた新しい。

この作品をより面白く読むために「さよならフットボール」を是非先に読んでおいてほしい。(厳密にいうと繋がってるので)

新川直司氏の作品って一言で言うと「綺麗」なんだよな。
うまく言えないんだけど、物語のテンポと描写がとにかく「綺麗」。
特にこの方、過去と今を繋げる描写が絶妙に上手くて自然に涙が出てしまう。
小学生の頃は男子よりも上手だったのに、年があがるにつれて差が開いていく葛藤の描き方とか絶妙。

さよなら私のクラマ

まだ単行本4巻までしか発売されてないけど、各キャラが立っているし、サッカー自体の描写もとにかく上手くてゲームシーンも普通に面白い。

サッカーに興味がない人でも物語として面白いので、女性やサッカーをよく知らない人にもオススメしたい作品。必読です!

BE BLUES!〜青になれ〜

サンデーで連載中の青春サッカー漫画。
小学校、中学、高校と現在話が進んでいる。

もともと天才小学生として名を馳せていた主人公「一条龍」だが事故で選手として致命的な大怪我をしてしまう。
それでもメゲずにリハビリと努力を続けてサッカー選手を目指すみたいな話。

王道といえば王道の少年サッカー漫画なんだけど、ゲーム自体もそうだしサッカー自体の描写もとにかく細かくて面白い。
プロ選手が帯に推薦文書いてるのもよくわかる。
経験者も納得のサッカー漫画。
私のお気に入りのキャラは、、やっぱり桜庭だね。
あの自己中な感じがドリブラーらしい。

アオアシ

内容含めてかなり通なサッカー漫画。
内容は「ユースチーム」でプロを目指す話なんだけど、プレイの戦術や崩し方だったり色々とマニアック。
通好みのサッカー漫画。

年代は高校生なんだけど、青春漫画って感じではないかな。
なんかもうちょっとダークな感じではあるんだけど、内容もゲームも普通に面白いのでサッカー好きなら読んで欲しい一冊。

サポルト

地元のプロサッカーチームを応援する女子高生っていうかなり新しい目線で書かれてるサッカー漫画「サポルト」。
サッカーのゲームとかはオマケみたいなものでサポーター目線でのサッカーと女子高生どうしの友情劇が書かれている新しいサッカー漫画。
絵も可愛いし、ふわっとした気分で読める。
なんか新しいサッカー漫画を探してる人に特にオススメ!

フットボールネーション

今回紹介した中でも1番マニアックなサッカー漫画は多分これ。

舞台は天皇杯を目指すアマチュアサッカーチームの話。

なんかもう筋肉の話とか目線や視野の話とそういうレベルでサッカーを分解してる作品。
特に海外と日本のフィジカルの話なんかは非常に参考になる。(確かにうちの嫁もよく言うんだけど日本人は歩き方が特殊らしい)

自分も息子にサッカーを教え込む勉強のために読んでいる。
万人受けする作品ではないが、サッカー好きなら間違い無く楽しめると思う。

まとめ

ということで自分がマジでハマっているサッカー漫画でした。
同じサッカーってテーマだけど、作者ごとに描き方やスポットの当て方が全然違って面白い!

今回のまとめで自分の好みがよくわかると思うんだけど私が重視してるのは「リアル感」
「キャプ翼」とか「エリアの騎士」、「DAYS」なんかも人気だけど、必殺技系はやっぱりリアリティがなくて違うんだよなー。

サッカー好きなら今回紹介した作品は必読で間違いなし!
サッカー興味ない系の人は「さよなら私のクラマー」あたりから始めてみてね。


you may also like
7月 4 2014

マニラ!ラーメンツアー2014

6月 12 2017

台湾のコワーキングスペース「CONNECT」に行ってきた

2月 16 2014

留学生と話して感じたフィリピン人に対する考え方へのギャップ

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top