フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

フィリピン、セブ島の幼稚園事情。え?2時間しか授業ないの?


3歳になる長女がセブの幼稚園に通い始めた。
フィリピンの保育や幼稚園事情って日本とは全然違う。

そもそも保育園ってもの自体が私が知る限り存在しないような気がする。
ではフィリピンのママはどうしてるのかというと、住み込みや通いのベビーシッターを雇って面倒を見てもらうか、ジジ、ババや兄弟が面倒みるのが一般的らしい。

うちはメイドがいるし嫁は専業主婦なので、面倒を見ることに関しては問題ないんだけど、同世代の友達と交流する機会が中々ないので教育という意味で幼稚園に通わせることに決定。

え?2時間しか授業ないの?

最初は友人の子供が通っていたモンテソーリ系の学校に1ヶ月ほど通わせたんだけど、そこで気がついた衝撃の事実。

なんと授業は1日2時間!
フィリピンの幼稚園は2~3歳の場合の授業時間は1日2時間。
4歳になると3時間になるのが一般的らしい。

最初のモンテソーリの学校は家から徒歩20分くらい。
タクシーに乗れば5分もかからない距離ではあるんだけど、行って戻ってで4回もタクシー乗ってたら費用もバカにならないし、戻ってきても結局すぐ迎えに行かないといけないから効率が非常に悪い。

なので学校の校舎には親用の待合ベンチがあって、沢山の親(またはメイド)が2時間学校でダラダラ授業を終わるのを待っている。
なんて時間の無駄なんだ!!!

通わせて見て思ったが送り迎えがマジでめんどくさい。
結果うちはモンテソーリを辞めて、家から徒歩3分のTutelageという学校に通わせることにした。

友人のママも言っていたけど、子供が小さいうちは近い学校が1番な気がする。

ちなみに日本人に大人気のケンブリッジって学校は6時間くらい預かってくれるらしい。
預けられる長さが魅力で通わせてる日本人も多いみたい。

ハーフや裕福層

ハロウィン

フィリピンで幼稚園に通わせてる家ってある程度裕福な子供達ばかり。
モンテソーリの時は日本人や欧米人の子供も多かった。

今の学校は日本人はゼロ。
欧米とのハーフや中華系が1番多いかな、あとは少し金持ちなフィリピン人。
だいたい皆さん車持ってるよね。
なので誕生日の時なんかも結構ちゃんとしたプレゼントくれたりするので、こっちもお返しでちゃんとしたもの買わないといけなくて付き合いでも意外と金がかかる。

授業や施設

施設

娘の3歳クラスは全員で5人。
5人の生徒に対して先生2人っていうね。
しかも娘以外は皆んな男子。ちなみにモンテソーリは逆に女の子ばっかりだった。

正直日本感覚でいると施設に関してはレベルは低い。
ボロいし、セブの学校って大きなグランドがあるような学校って少ないんだよね。
なので小さい学校が多い。
施設大きめの学校になるとシティから少し離れる必要があるから送り迎えが更にめんどくさい。
ちなみに授業時間は8時半から10時半まで。

どんな授業してるのかはよく知らないけど、通わせてから言語の伸びだったり色々と成長は感じられるので、やっぱ2歳半くらいから少しずつ学校通わせるのはありじゃないかと思う。

サッカー

Tutelageは毎週水曜は近くのサーカーグランドでサッカーの授業があったり(厳密には座って砂をいじっている)、何したのか知らんがシャングリラに呼ばれたりと課外活動も時たまある。

料金

今通ってるTutelageは結構安め。
入学金が8,000ペソ(2万円弱)
月謝が5,500ペソ(1万3千円くらい)

モンテソーリは月謝が7000ペソ超えるくらいで、ケンブリッジは1万ペソくらいらしい。

10月末から11月の頭で2週間も学校休みだったのに同じ額の学費払ってやるせない気持ちになったけど、そう考えると日本の大学ってアホだよな。休みばっかり!
払う側になるとよくわかる。

まとめ

滑り台

実はセブにも私立の学校が色々あるらしい。(女子校みたいなのもあるようだ)
色々探してみるのも良いと思うけど、個人的には幼稚園は近いのが1番じゃないかと思う。
だって2時間しかないんだもん。
本当に想像以上に送り迎えめんどくさいよ。

フィリピンもいわゆる日本の保育園スタイルのような学校作れば需要あるような気がするけどな。
どうなんだろ。

ということで海外子育て情報でした。
セブで子育て検討中の方は参考にどうぞ。


you may also like
9月 24 2017

IT留学の前に読んでおきたい参考書をまとめてみた

8月 2 2015

サウスピークで体験授業を受けてみた

8月 15 2013

海外就職!求人サイト!JobPot(ジョブポット)!

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top