フィリピンでのオフショア開発・ラボ型開発をご検討の方!お任せください。

一時帰国の日本人も使える日本での免税購入

免税購入

訪日外国人の増加と共に最近では沢山のお店で見ることが出来る「免税_TAX FREE」の看板。
実は日本のお店での免税購入はある条件を満たせば日本人でも利用することができる。

私は一時帰国の度にこの免税購入の制度を使って8%引きで商品を買っている。
海外に住んでる人、日本の非移住者の人はこのお得な制度を使って日本でのショッピングを楽しもう。

免税購入が可能な日本人の条件

免税8%

残念ながら全ての日本人が該当するわけではない。
日本人で該当されるのは
・2年以上海外に住んでいること
・海外の法人で働いていること(海外の日本法人でもOK)
・パスポートに6ヶ月以内に入国したことを証明するスタンプ

詳細はお国の公式サイトへ 

少なくとも海外で労働ビザだったりの特殊ビザを持ってる人であれば問題なく使える。
2年以上住んでる証明だったりのとこはぶっちゃけお店のスタッフ次第な部分も多くて、正直海外のビザやスタンプなんてお店のスタッフがわかるはずもないので、割と判断は適当な気がする。

・パスポートに6ヶ月以内に入国したことを証明するスタンプ
最後のこれについては一点大きな注意が必要。
自動化ゲートを通ってしまうとハンコが押されないので拒否されることがある。免税で購入したい場合は普通のゲートをくぐってパスポートにハンコを押して貰おう。
実際これでダメだった人も知っている。

免税に該当する商品

免税該当商品

なんかこの辺も厳密には色々な条件があるようなんだけど、ざっくり言うと
・消耗品なら全体購入金額が5,000円以上で50万円以下
・一般物品なら全体購入金額が5,000円以上で100万円以下

よほど特殊な物を買わない限りは大丈夫なはず。

もちろんPCなんかもOK。
私は以前免税でMac Book Proを購入。
前回はiPadを買った。

一点注意がいると、ヨドバシなんかの場合は免税購入の場合はポイントが付かない。
なのでポイントでお得感あるものは免税じゃない方がお得感あるかも。
Apple系はポイント全然つかないから向いてるよね。

免税購入の流れ

免税の流れ

1,免税のお店で商品をレジに持っていく(お店によってはtax free専用のレジがあるとこもある)

2,免税購入であることを伝えてパスポートを見せる。(この時に色々質問されるはず)

3,スタッフの人が書類を用意して、購入記録書(レシートみたいなの)をパスポートにホチキスで止めて割印を押す

これで購入自体は完了。
レジの時間がちょっと長くなるだけで超簡単。

4,出国時に関税ポイントで貼り付けられた購入記録書を剥がす。

免税購入の最大のザルポイントがこの出国時の購入記録書剥がし。
私が初めて免税購入した4年前はいちをスタッフの人が剥がしてくれてたんだけど、前回の時はセルフで剥がしてカゴに入れるだけ。
どっちも買った商品見せろなんて言われなかったので安心して欲しい。

ぶっちゃけ前回買ったiPadは親父が欲しいっていうからそのまま日本に置いて帰った。
正直代理で購入しても確認しようがないくらい割とザルなシステムになっている。

ちなみに私この購入記録書を日本で剥がし忘れてフィリピン入って、違う国にも行って、日本に帰った時の入国審査でも何も突っ込まれなかった。
その後出国する時に今回買った時の購入記録書と一緒に剥がして帰ってきたよねw

まとめ

条件に該当する海外住みの人なら使わないと損なこの制度!
8%って20万円くらいの物なら1万6千円くらい安くなるからね!1万6千円もありゃお菓子めっちゃ買えるぜ!

日本の物のコスパの高さって本当に圧倒的だとフィリピンに住んでいるとしみじみ感じる。
海外住みで日本に一時帰国する予定がある人は是非利用してみてください。

you may also like
1月 16 2018

リゾートホテル宿泊の醍醐味は朝食ビュッフェ!~優雅な朝は朝食から~

4月 9 2017

LINEスタンプを法人やチームとして作るさいの注意点

1月 27 2015

俺的!マニラおすすめホテルランキング!

Web制作のご相談・お見積もり・セブについてのご質問

お問い合わせはこちら
page top