海外フリーランスおすすめツール「マイIP」

myip

私のように海外に住みながら、日本の案件を受けている人間にとっては意外と大変な「固定IP」や「海外IP規制問題」
海外での移動が多い人やノマドエンジニアであればVPN関係のツールは必須と言っても過言ではない。
今回は私が使ってるVPNツールを紹介したいと思う。




VPNとは

vpn登録

VPNとは仮想専用回線のことを言う。
一般的には暗号接続でセキュリティの向上を目的に使われるんだけど、我々海外民からすると「海外規制」をすり抜ける為に利用している人の方が一般的だ。

つまりどういうことかと言うと、VPNを使えばフィリピンでネット接続をしてるけど、ネットワーク上では「日本」だったり他の国で接続しているように見せることが出来る。

例えば一番規制が厳しい国「中国」なんかだとそのまま中国の回線に繋げたらグーグルもfacebookも利用できないがVPNを使えば日本から接続していると見なされるので問題なく利用することが出来る。

youtube規制

海外住みだとたまに遭遇するこんな画面。
これもVPNを使えば問題なく見ることが出来る。

海外フリーランスの課題「固定IP」「海外規制」問題を解決

規制問題

私は現在フィリピンのセブ島でオフショア開発をしている。

フリー時代もそうだったんだけど、海外で日本の案件をやっていると問題になるのが「固定IP」「海外規制」だ。

xサーバーやロリポップなんかは、デフォルトの設定で海外からwpの管理画面にログインするのを規制しているし、ftpでサーバーに入ろうとしてもIPで規制しているサーバーも意外と多い。
更にはページ自体も開けないサイトも実は意外とあるのだ。(DMMみたいにちゃんと理由出してくれればいいんだけど、多くのサイトはただタイムアウトするってパターンが多い)

dmmip規制

VPN無しでそんな状態に陥ると完全にツミ!何も出来ない!
直クラ系はクライアント側がサーバーの管理画面に入れるのでなんとかなっても、孫請け案件とかだともうどうしょうもない。
そんな時の為に、事前にVPNを用意しておこう。

海外フリーランスなら「マイIP」を契約するべし!!

マイip

VPNサービスって無料のサービスが沢山あるにはあるんだけど安定しないし、なんか逆に怖いことの方が多い。
なのでプロならやっぱり有料のサービスに登録するべきだと自分は思っている。

なんだかんだ色々使った中で安定度といい一番安定しているのが「インターリンク」が提供している「マイIP」だ。

インターリンクのVPNサービスは「セカイVPN」と「マイIP」の2枚看板が有名。
実は私も最初は「セカイVPN」を使ってたんだけど、結論から言うと日本の仕事やってるなら「マイIP」の方が便利。

「セカイVPN」の特徴は日本の他にもアメリカ、ドイツ、台湾、韓国のIPアドレスが使えるんだけど正直使う要素ないよね。

逆に「マイIP」に登録すると日本の固定IPが手に入る。
つまり何処に言っても同じIPが使えるのだ。
私も案件の中には「固定IP案件」があるので、IP変わるたびに登録し直す手間が省けてめっちゃ楽。
出張先でも問題なく利用できる。

設定方法

接続自体も最初に設定だけしてしまえば(設定の仕方は公式サイトを確認してね)
MACのネットワーク画面で「接続」を押すだけ。
スピード自体は多少落ちる部分はあるけど元がそれなりにスピード出れば何も問題はいらない。
月額費用が1080円かかるが、プロとしてやっているなら登録すべきサービスだと思う。

VPNのメリットはセキュリティ向上

そもそもVPNの大事なポイントは暗号化によるセキュリティの向上だ。
実は無料WIFIはセキュリティ視点で言うと非常にザル。
合法ハッカーの友人曰く楽勝で個人上を盗み見ることができるらしい。

私も東南アジアを色々回って現地のカフェやホテルでWIFIに繋ぐことがあるが、やっぱり銀行関係とかパスワード関係の入力がいるサイトにはVPN無しではあまり繋げたくない。

海外フリーランス以外でも海外旅行や海外出張が多いビジネスマンは導入を検討する価値はあるよね。



まとめ

駆け出しの海外フリーランスの子にこの前相談されたので、書いてみた。
海外中心でやっていくなら有料でもちゃんとしたVPNと固定IPは確保しておいた方がいい。
特に大型長期案件ほど固定IP案件が多い。

今なら最大2ヶ月ほどは無料のお試して期間があるみたいなので、まずは無料から試してみるのもありだと思うよ。(海外でDMMが見たいエロい人も必須やで!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)