WEBマーケター志望ならブログを初めた方が良い理由

seo

WEBマーケターにとって一番自由に試行錯誤が出来るのが自分のブログだ。
世の中にはWEBマーケターやWEBコンサルを名乗っているのに、自分で記事を書いたこともないような人がいる。
申し訳ないが私はそういうタイプのコンサルを全く信用していない。

こういうタイプは上流工程しか経験してない人にこそよくいるんだけど、私は現場を経験しないと本質は見えてこないと思っている。
もし貴方がWEBマーケター志望なら今すぐブログを初めることをオススメしたい。




WEBマーケターにとってブログは壮大な実験の場だ

webマーケティング

日々変動するSEOを自ら学ならブログは最適な実験の場になる。
クライアントサイトでは出来ないことも自分のブログなら挑戦できる。
アナリティクスとWEBツールを眺めながら

・写真のパターンはどう見せるとウケがいいのか。
・タイトルはどういうタイトルがクリック率が良いのか
・どんな書き方をすればSEO的に上がりやすいのか
・SNSでの拡散方法
・季節要素や変動要素など

を分析する。
正直WEBマーケはトライアンドエラーの連続だ。
短いスパンででPDCAを回しまくり最適化をしていく。
記事を外注するにしても、自分で記事を書いてないと、その記事の良し悪しなんて判断できない。
まずは自分で書いて、何が良い記事なのか自分で判断できるようになろう!

自分のブログをバズらせることが出来ない人に、クライアントのサイトをバズらせることなんて出来ない。
クライアントとの仕事が試合だとすると、ブログはまさに練習だ。
スポーツを経験してる人ならわかると思うが練習しない人間は上手くならない。
WEBマーケターにとってブログは壮大な練習場なのだ!

ドメインやサーバー、WEB全体について詳しくなれる

WEBの関係者でもドメインやサーバーについてよくわかっていない人は多い。
自分でレンタルサーバー借りて、ドメインをつなげたり、SSLに対応させたり、WPのテンプレートを自分でいじってみたりと、マーケ以外にもWEB全体の知識を勉強することができる。
WEBマーケをやるなら全体像が見えた方がいい。
自分のブログをやるとWEBの全体像が見えてくるので、初心者こそ挑戦して見て欲しい。

ブランディング出来る

ブランディング

WEBマーケティングって個人プレイの要素が非常に高いジャンルだと自分は思っている。
つまり成り上がるなら目立つのは超大事!
今ではブログで有名になった人が何人もインフルエンサーとして活躍している。

個人で月100万PV近いブログを運営しているSEOコンサルの友人の元には引っ切り無しで仕事のオファーが来るらしい。
そりゃそうだ。
自分のサイトで結果を出してるわけだから最強の実績だ。
このレベルになると営業で困ることはまずなくなるし、個人ブログだけの収入でも食えていけるようになる。

発信することは超大事だ。
実力は上だけど何も発信してない人と実力は下だけど発信してる人だと、素人目には発信してる人の方が凄くみえるし発信してない人にはアプローチのしようがない。

私の場合もブログやSNSのブランディングが上手くいってるからこそ今があると思っている。
本業のマーケの実験をしながら自分も有名になれて、お金も入ってくる。
やらない理由はないでしょ?



ブログをすると考える癖がつく

自分の考えや思いを文字にするのは慣れないうちは意外と難しい。
私の場合も書きながら考えて自分の思考が整理されていることがよくある。

自分がその時どう思ったのか?が明確になるし、それが記録に残るのでいつでも読み返すことができる。
マーケターに限らずインプットとアウトプットを高速で回せるのがブログの良いところだ。

本業以外の出会いがある

データー分析

ブログを書いていると沢山出会いがある。
ブログきっかけでお会いした人は累計100人を超えているかもしれない、中には仕事につながった方も沢山いる。
いきなりの初対面よりも、ブログを読んでもらってからの出会いの方が信頼して貰えるし仲良くなりやすいと思う。
独立志望のマーケターでインバウンド系の営業が苦手な人は、ブログがあるだけで向こうから来てくれるので、やらない理由はないと思う。

プライベートでもWEBマーケ思考が身につく

WEBマーケターにとって情報は命だ!
常にネットに溢れる色々な情報に目を向けながら情報収拾をする必要がある。
「こいつはこれについて、こういうアプローチで記事書いてるのか。。」とか、個人ブログを持っていると仕事の時間以外のプライベートな時間でも強制的にWEBマーケに関わることになる。
クライアントワークではないので、自分の好きなペースで進められるし、誰にも文句言わせずに好きなことが出来る。
起業家やフリーランスになるとわかるが、仕事もプライベートもあまり関係ない。
大きくなりたいなら早めにプライベートと仕事の垣根を取り払おう。

まとめ

知識だけの頭でっかちな人や、会社のチームとして出した実績を自分のものだと思っているWEBマーケターはダサい。
大切なのは現場だ。
いつもは下請けに投げていること、ライターに外注して指示しか出してないことを現場に入って自分で経験してみよう。
こういった地道なチャレンジがWEBマーケターには一番大切だと自分は思っている。
まだブログを開設してない人はこの機会に挑戦して見て欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)