新卒で就活失敗してもフリーランスになれたし起業も出来たので全然大丈夫だよ。って話

新卒

就活を控えている大学生と話すと「新卒就活が全てだ!」くらいで思いつめている人と出会うことがある。
最近では「就活自殺」という言葉があるくらい就活で心が病んでしまう人も多いみたいだけど、新卒のキャリアなんて、その後の努力でいくらでも変えられるし大した意味はない。

現に私は就活に見事に失敗した。
それでも今は海外で自分の会社をやれてるし、多くの人が憧れる「ノマドワーク」も実現できている。
結果論だけど今の自分があるのは「就活に失敗したからだ」
良い会社に入れなかったので自分でのし上がるしかなく努力をした。
もし良い会社に入っていたら向上心とかなくノンビリ会社員をやっていたかもしれない。

別に就活に失敗しろ!と言いたいわけではなくて、若いうちは人生やり直し余裕だよ。ってことを伝えたい。
就活に失敗した人やこれから就活を控えてる人に、今だから感じるキャリアの作り方を自分なりに考えてみた。




そもそも新卒就活は大学1年からスタートしている

大学

日本の大学教育の最大の問題がここだと思うんだけど、日本の場合は3年の冬くらい(私の時代は)から一斉に就活が始まる。
当時の自分もその波に乗ってリクナビが主催するビックサイトで開催された合同説明会なんかにも参加して、そのままいわゆる就職活動がスタートして気がついた。

「いや、、これ今から頑張っても無理やん」と

そうなのだよ。
就活への戦いは実はずっと前から始まっていたのだ。

面接で聞かれることは基本的に過去の話になる。
過去に自分が何をやってきたのか?

大手のグループ面接に参加した時の質問は「大学時代に頑張ったことは何?」だった。
隣の才女達は「カンボジアでボランティア活動をしてた」、「企業でのインターン活動」、「自分で立ち上げた団体の話」、「アメリカ留学の話」などを語っていた。

私の大学生活は、「飲み会して」、「バイトして」、「授業は寝る」という典型的なダメな大学生の見本のような生活をしてたから過去を聞かれたって何も出てくるものはないのだ。

3年の冬に就活がスタートしたのは企業のルールー上で本当の戦いはとっくに大学1年から始まっている。
本当に入りたい会社がある子や優秀な子は、大学生活の延長線上に就活があるのを理解していたのだ。
それに私は就活を始めてから気がついたわけだからそりゃ遅い。(大学側ももっと早くにそこ教えて欲しいよな)

なので私と同じように就活始めて気がついた人は既に遅い。
今期の就活は諦めて休学して、インターンしたりして経験を積んでから就活に挑むか、とりあえず入れる会社に入ってしまうかだ。
私はまず働いちゃえ派の人間なので、休学するよりも例えば業界が一緒であれば飛び込んでしまった方がいいと思う。

実は中途の方が簡単に入れたりする

中途採用

これ意外とあるあるなんだけど。
新卒採用ってレベルが高いのだ!
何故なら新卒って実際仕事が出来るかよりも、ポテンシャル採用だから!
だから勿論高学歴の人の方が新卒時点では優遇されるわけだよね。

それに比べると中途は実績勝負になる。
学歴なんて関係ない。
仕事が出来るかどうかだ。
なので仕事でちゃんと実績詰めれば、新卒でお祈りされた会社でも普通に入れる。

例えば新卒時点でDeNAや楽天でエンジニアとして採用される人って、新卒としては超レベル高いと思うんだよね。(野球の世界でいうと高卒ドラ1でしょ)
でも意外と10年経ったら、一緒に戦えるくらいの技量になってることも全然ある。

なので私は新卒で狭いポジションを狙うよりも、5年くらいのスパンで考えて中途でそこに入る計画ねったほうが現実的だと思うんだよね。

ちゃんと仕事で結果出して、転職エージェントに登録すれば結構色々紹介してくれるよ。

新卒就活ってマジで茶番

就活茶番

今思い返して本当に思うのはあれは茶番やったなってことよ。
働いたことない人間が「志望動機」とか語るわけよ。
どう考えても嘘つき大会にしかならないじゃん。

だってわかんないからね。まず社会経験してないわけだから。

それに企業側も嘘ばっかりだからね。
就活の時受けた会社のOBに何度かあったことあるけど、中身全然違うじゃねーか!っていうね。
もっと企業も就活生も本心で語り合うような面接の方が良いと思うよね。
企業に対するイメージも働いてみないとわかんない。
自分も新卒就活時代は「大手商社」凄い!財閥凄い!と思ってたけど、別にいま行きたいとも思わないよねw

日本の新卒就職って表面だけを取り繕ったイメージが私は今だについていて凄いアレルギー。

だから別に就活落とされたからって気にする必要はない。

ちゃんと努力して仕事のスキル積めば、転職も出来るし、フリーランスにもなれるし、起業もできる。
ソースは私だよ。



もし今大学生でどうしても行きたい会社があるならインターンで潜り込む

成長速度

行きたい会社があればインターンで潜り込むのが実は一番近道だと思う。
逆にダメだとその時点でアウトではあるけどw
実際にその会社の雰囲気もわかるし、入社後のミスマッチも非常に少ない。

私の知り合いの会社なんかも新卒レベルだとインターンから正社員にするのが一番ミスマッチが少なくていいと言っていたし、今後そういう会社は増えてくるんじゃないかな。
自分が就活してた時代なんて、インターンなんて制度聞いたことなかったよね。

あとね私の大学時代のもう一つの失敗が「身近に仕事が楽しそうな社会人」がいなかったことだ。
私の中で一番身近な社会人は「居酒屋のバイトの店長」だった。
残念ながら全く魅力的な社会人に見えなかったので当時はそれを見て「働きたくない」とずっと思っていたし、大学の先輩も「遊べるのは今のうちだけだぞー」みたいな人ばかりだったのが大きな原因だ。

当時の自分に伝えるとしたら、もっと沢山魅力的な社会人と出会え!ってことだね。
社会人楽しいよ。ビジネスも楽しいし、大学生の頃より金もあるから自由だし、少なくとも自分は大学時代よりずっと人生充実してる。

なので今大学生の人は既に社会に出てる人との交流をもっと持った方が良い。
プレイベートで仲良くなった方が、OB訪問なんかするよりもっと生の声をきける。

ただ女子大生ならいくらでも出会えるだろうけど、当時の自分を思い返しても男子は結構難しい。
そこでおすすめしたいのが「フィリピン留学」だ!

大学生にとってフィリピン留学はマジでメリットでしかない!
英語を学べるのに加えて、対等な立場で社会人の人とも友達になれる。
凄い良い環境だと思うんだよね。

就活で悩んでる人はまず来てみよう。
就職以前に色んな世界が広がるはずだ。

以前書いた記事だがこちらも読んで見て欲しい

まとめ

ということで新卒就活について書いてみた。
自分の人生の中でも「新卒就活」の時期が最大の挫折だったし、辛い時期だったと思う。
でも新卒で上手くいかなかったのも当たり前なんだよね。
だって大学時代何もしてなかったからw

私みたいに今苦しんでる人もいると思うが、ぶっちゃけ新卒就活なんて気にしなくていいし、落ちたからってヘコむ必要もない。
新卒ってことは今22歳でしょ?
22歳なんてマジでこれからどうとでもなるよ!!!

いくらでも人生変えられる!
だから悩む必要なんてない。

まずは自分が出来ることから一歩一歩進んでいったらいいと思うんだよね。
ちなみに私と同い年の友達で新卒で入った会社に今だに勤めてる人ってマジで2割もいないw新卒就職ってそんなもんやで。

20代はお金を貯めるよりも、自分に自己投資をしよう!
そこの使い方だけで30代になった時に周りと大きく差がついているはずだ。

私がしてきて良かった自己投資については下記の記事にまとめたのでよかったら読んでみて初めてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)