デザイン センス

WEBデザインはセンスがなくても大丈夫!ロジック力でカバー出来る!

更新日: 2019/07/19

デザイン センス

「デザイン」と聞くと絵が描けたり芸術的なセンスがないと難しいと思ってる方もいるかもしれない。
だが「WEBデザイン」に関して言えばセンスは必要ない!(あるにこしたことはないが)
センスがない人でもパクる力と応用力さえあれば十分戦えるのがWEBデザインだ!



ダサいけど売れるなら売れるデザインの勝ち

デザイン
同じ物を売ってるサイトが2つあるとする。
1つはクールで動きも激しく凄いカッコいいサイトと、もう1つはそんなにデザインに凝ってる感じでもないダサいサイト。
もし、結果としてダサいサイトの方が売れるのであれば、サイトとして正しいのはダサいサイトだ。
よく日本では楽天のサイトがダサいと批判されてるが、あれだってあえてそういうデザインにしているんだと思う。
楽天ショップで重要なのはサイトがカッコいいことじゃなくて、売れることだからね!
最近はカッコいいサイトも増えてきたがアフィリエイトサイトなんて以前はダサいサイトしかなかった。
でもサイトで収益上げてる大部分がアフィリサイトなわけだから、ある意味WEBの本質はついているよね。(ブラッシュアップすればよくなるサイトも勿論沢山あると思うが)
ちなみに勘違いして欲しいくないのは、私は別にデザインに意味がないみたいことを言いたいわけじゃなくて(むしろデザインは超重要だよ)
デザインを本気で勉強してた人系に割といるアートとWEBデザインを混合してしまってる人が嫌なだけ。
マーケティングや構築もメインでやってる自分からすると、デザイナーのオナニープレイほど痛いもんはない。
紙あがりのデザイナーに多い、「おしゃれに作っちゃった感」ってあるのよ。
まずUIが使いにくい上に、所々に散りばめられているオシャレを演出してるオカズ!!
このオカズが実装面でクソほど手間がかかることがまじであるのだ。
WEBはデジタル広告だ。
効果は反映してすぐわかる。
なので昔みたいに、「かっこいいけど効果あんのかな?」みたいなのが簡単にバレてしまう世界な分、より成果を求められるデザインが要求される。
広告のデジタルシフトにデザイナーも乗り遅れるな!

大切なのはパクること

WEBデザインなりたい
WEBデザインの良いところはパクリやすいところだ。
独創的なデザインや0からのデザインはセンスがないと出来ない。
でも売れてるサイトを分析してパクることはセンスがなくてもできる。
アートディレクターの中にはデザインに何でも意味を求める人がいるが、そんなんはいらん。
「なんでこの配色にしたの?」と聞かれたら「この売れてるサイトの配色をパクリしました」でいいし、「なんでこのレイアウトにしたの?」と聞かれたら「この売れてるサイトのレイアウトをパクリしました」でいい。
だってアートディレクターよりサイトの方が結果出してるからね。(丸パクリはダメだよ。上手くパクるのが大事。こち亀を読むと勉強になるよ)
結果出してるもんを上手く取り入れていけば、デザインセンスがなくたって売れるWEBデザインが作れる。
そもそも研究すればよくわかるんだけど、売れてるサイトが独創的なデザインなことなんてまずない。
殆どが型にハマっているし、売れるサイトデザインとしてちゃんとロジックがあるのがわかる。
大切なのは自分のデザインセンスじゃなくて、ロジックを使ってデザインに落とし込めるか?ってとこだ。
「WEB 赤」 「WEB 教育 参考」とかでググればすぐに自分が作りたいタイプのジャンルやパターンのサイトも探すことができる。
センスがない人はまず沢山サイトを見まくりキャプチャーを撮りまくってパクる引き出しをひたすら増やす作業をまずしよう。
下記の書籍達は必読で良いと思うので読んでおいてね。
これを読めばWEBデザインは「デザインセンスじゃなくてロジック」だってことがよくわかってもらえるはずだ。

この手のA,Bテストの結果本も超参考になるので買いで間違いない。
とにかく沢山「どうデザインしたら結果はどうなるか」っていう結果をインプットしまくる!

デザイン本の中には良し悪しを主観で判断して評価してるようなデザイナーの本もあるがそんなんはウンコだから無視で良い。
主観とかまじで意味ないから。
続けていくと経験するが「デザイン的にはこっちの方がカッコよくて見やすいと思ったのに逆だった・・・」っての普通にあるからね。
そんくらい主観じゃわからない。

勝負する部分を間違えるな

勝負する場所
トップクラス層のセンスがあるデザイナーはレベルが違くて、「トレースしようとしても出来ない」ことが多い。
やっぱり全然ちがう。素直に美しいし、カッコいいと思ってしまう。
でもこの辺はキッパリ割り切ろう。
そこを目指そうとか勝負を挑んでも無駄だ。
これからサッカー始める人がメッシ目指すようなもんだ。
私の経験談だけど、絵が描けたりデザインのセンスがある人って「案」を渡されたら頭の中にパッと絵を描いてすぐ始められる人が多い、けど私はデザイン系の仕事も既に10年近くやってるが、それが出来ない。
最初の1日は徹底的に情報収拾と言う名のパクる準備を進めてから全体のイメージを起こす。
そんなもんだ。
それで仕事になってるし売れるサイトも作ってきた。
だから絵が思い描けくて悩む必要はない。
センスがない分徹底的に調べてパクる力を身につければよい!


まとめ

私が就職活動していた10年前はデザイン系の職種は「芸大出てないとダメ」みたいなのがまだあった。
だが今やそんなんは時代遅れだ!
別に芸大出てなくてもWEBデザイナーにはなれるし売れるデザインを作れるようになれるし、デザインセンスがなくてもWEBデザイナーは目指せる!
勿論色々努力は必要だけどね。
私は「とりあえず数をこなしまくれ派」なんだけど、それはソフトが使えたり基礎知識があることが前提なので、まずそこからの人は一旦スクールに通ってみるのも良いよ思うよ。
私の友人がセブ島で「デザイン留学」っていうのを初めたみたいなので気になる人は調べてみてね。

WEB制作、オフショア開発のご相談はこちらから

WEB制作をご検討の方、制作パートナーを募集している企業さまはお気軽にご相談下さい。Good.Hackerでは設計からデザイン、構築、マーケティングまで幅広く対応しています。 お問い合わせはこちら