セブ天気

セブ島お天気事情。天気予報は無視でOK

更新日: 2019/07/19

セブ天気

「来週セブに行くんですが天気予報を見ると毎日雨なんで不安です」
こんなお問い合わせを頂くことがたまにあるんですが、セブの天気予報は全然当てにならないので無視で大丈夫です。



セブ島のシーズン

セブの季節
セブ島は1年を通して平均気温が26度前後なので1年中半袖と短パンで過ごせる暖かい国なんですが、実はシーズンがあります。
それが大きくわけると
・乾季
・雨季
の2つです。
ざっくり月で分けると、乾季が2月〜5末、雨季が6月〜1月くらいまでっていう認識で大丈夫です。
そう雨季がなんと半分くらいあって意外と長いんです。
この雨季の時期に天気予報を見ると大体毎日「雨」だったりしますが、この予報は外れではないんですが無視で大丈夫です。
というのもセブ島は1日中雨が降ってることってあんまりないんです。
いわゆるスコールという気候のなので2時間くらい凄い勢いで雨が降ってそこから晴れるってことが普通です。
特にセブの雨はかなり限定的なので3キロ先は晴れてるのに、こっちはスコールみたいなことがよくあります。
なので天気予報の雨は確かに正解ではあるんですが、深く考えない方が良いです。
雨季の時期は1日の中でどっかしら雨が降ることがあると覚えておいてください。


なのでこの一見頭が悪いこのツイートは真実を捉えているのですw
もちろん雨季でもセブを楽しむことは可能なんですが、やっぱりセブ観光を1番楽しめると思うベストシーズンは3月〜5月。
この時期はセブが1番暑いサマーシーズンです!
海やリゾートを楽しみたい方は出来ればこのシーズンを選んでほしい。
乾季の場合は何も考えなくても最高の旅行になるはずです。
セブでおすすめのリゾートホテルは下記記事を参考にどうぞ。

雨季シーズンの注意点

雨季フィリピン
雨季でもセブ島は十分暖かいですし、雨が降ってない時間の方が長いので綺麗な海を見たり観光を楽しむことは可能なんですが、いくつか注意点があります。

交通渋滞

雨季の季節で注意した方が良いのが「交通渋滞」
セブはスコールになると洪水みたいな形で道路が水没することがあります。
ただでさえ渋滞が酷いのに、もっと酷くなる。
特にやばいのがタクシー。
全く捕まらなくなります。
スコール+ピーク時間の場合はグラブも機能しないレベル。
運悪くモールにいたりするとタクシー待ちで3時間とか普通にありえます。
それくらいスコールは危険です。
なので17時〜20時に危険なくらい雨が降っていたらなるべく移動しないことがオススメです。

台風シーズン

危険なのがこの台風。
10月、11月は台風が非常に多いシーズンです。
セブ島はロケーション的な問題で実は台風の直撃ってほとんどないです。
ただ、直撃はなくてもフィリピンに台風が来ている間はロープレッシャーの影響でずっと曇りみたいなことは割とあります。
正直曇りだとリゾートの良さも8割減。
運が悪いと1週間くらいほとんど晴れ間が見えない時もありえます。
なのでなるべくリゾート目的なら台風シーズンの旅行は避けた方がいいです。

セブ島で天気が悪い時の遊び方

ジェットスキー
残念ながら天気が悪い!そんな時は無理してリゾートを楽しむよりアクティビティ関係にシフトしちゃいましょう。

マリンスポーツ

大雨じゃなくて、小雨や曇りの場合はリゾートは諦めて、マリンスポーツしちゃうのがオススメです。
特にバナナボート、ジェットスキー、ウェイクボード
なんかは曇りでも十分楽しめるので試してみてください。
マリンスポーツを楽しみたい人はこちらからお問い合わせください

室内で楽しむ

大雨の場合は海は諦めてしまうのも選択の1つです。
マッサージ行ったり、買い物に行ったりするのもあり。
パークモール、Jセンターモールの中には室内で遊べるアクティビティ、ボルタリングや、レーザー銃で遊べる施設なんかもあります。
もちろん天気が良いのが1番なんですが天気が悪い場合は参考にどうぞ。


セブ島でおすすめの服装

服
私の普段の服装は、短パン、Tシャツ、長袖シャツ(まくる)、サンダルっていう非常にラフなスタイル。
長ズボンはオフシャルな場合のみでほとんど履きません。
本当はTシャツ1枚で良いんですが自分はシャツを一枚羽織ることが多いです。
その大きな理由が、、、

外は暑いのに室内が寒すぎる

これです。これテストでます。
ホテルの中やレストラン含めて冷房が効きすぎてる場所が多くて正直めちゃくちゃ寒いことが非常に多いです。
なので何か羽織れるものがあると大活躍すると思います。
あと1点注意点を入れるとすると、良いお店やクラブに行きたい人はドレスコードあることがあります。
短パンに関しては許してくれる店多いですがビーサンに関しては厳しいお店が多いので、夜クラブ行きたい方は靴を持ってくるのがオススメです。

女性の場合

私が男性なので正直よくわからないですが、日本人女性の観光客って住んでる人間からすると一瞬でわかります。(笑)
あんまり露出激しい感じと、フワフワしたのは止めた方が良いんじゃないかと。(なんか最近台湾人は露出激しい人が多いですね)
何かあったら走れる方が良いと思います。
帽子やサングラスは用意しておいても良いんじゃないかと思います。

まとめ

ということでセブの天気事情でした。
乾季のシーズンに関しては何も考えなくても大丈夫ですが雨季の場合は少し気をつけてください。
ともあれセブの気候は1年中とても過ごしやすいことは間違いないです。
セブはとても良い場所なので是非最高のセブ旅行を楽しんでください。

セブの観光情報はこちらの記事をご覧ください。


WEB制作、オフショア開発のご相談はこちらから

WEB制作をご検討の方、制作パートナーを募集している企業さまはお気軽にご相談下さい。Good.Hackerでは設計からデザイン、構築、マーケティングまで幅広く対応しています。 お問い合わせはこちら