セブで現地採用〜リアルな月の生活費

更新日: 2019/07/18

ということでリアルなセブ現地採用の生活費をお伝えしちゃいましょう。
まずはタッキー編です。
※今は円安なので、気持ち更に高めです
■住居費(賃貸物件)
6600peso(約12000円)
■光熱費
700peso(約1400円)
■食費
10000peso(約2万円)
■交際費
10000peso(約2万円)
■交通費
1000peso(約2000円)
■ 家庭教師
8000peso(約16000円)
■その他雑費
5000peso(約1万円)
■合計
約8万1400円
ちなみにタッキーの部屋はこんな感じです。
かなり安い物件です。
きたな!!!!!!!
セブ 1人暮らし
ぶっちゃけ1万ペソ以下だと綺麗な部屋なんてみたことないですね。
ちなみに移動はほぼジプニー。
ご飯も基本は毎食150peso以下です。
個人的にみても結構節約生活をしてると思います。
次にRyoei編
■住居費(賃貸物件)
16000peso(約32000円)
■光熱費
1000peso(約2000円)
■食費
15000peso(約3万円)
■交際費
15000peso(約3万円)
■交通費
3000peso(約6000円)
■その他雑費
5000peso(約1万円)
■合計
約11万0000円
日本人でも安心できるクォリティの部屋になると正直3万くらいは必要になると思います。
セブ アパートメント
僕も基本普段のご飯は200peso以下に抑えています。
といっても美味い食い物はだいたい200ペソ以上必要なのがセブなのです。
日本だったら「すき家」「松屋」とか安くて美味い店も多いし、カップラーメンも美味しいんですが、こっちの安い食い物は微妙なのばっかです。
移動は基本タクシーですね。怖いので。
僕は正直1日1000円以下で暮らせればいいかなという暮らしです。
ちなみに僕の同僚のKさんは1日300円で暮らしています。
日本で支払いある人は現地採用は辞めた方がいいですね。



だいたい普段の生活でこんくらいかかります。
ちにみに服とかはほぼ買ってないですね。
あと忘れてはいけないのが海外は何があるかわからない!!ということです。
まさかの費用が結構かかったりします。
タッキーはiphoneなくしてるので、新しいのこっちで買ってますし、僕も急にシャワー壊れて1万5000円くらい払ったりしてます。
僕の主観ですが、日本の暮らしで満足できるくらいと考えると月15万くらいは必要かなと思います。
今セブの現地採用のベースが大体10万円くらいだと思います。
こっちの現地採用情報については時間がある時に詳しく書こうと思いますが、こっちで現地採用で働こうと思ってる人は生活レベルは1つ2つ落とす覚悟は必要ですよ。
物価のイメージについてはこちらを参考にどうぞ

WEB制作、オフショア開発のご相談はこちらから

WEB制作をご検討の方、制作パートナーを募集している企業さまはお気軽にご相談下さい。Good.Hackerでは設計からデザイン、構築、マーケティングまで幅広く対応しています。 お問い合わせはこちら